So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

師走です1 [季節]

特別理由はなかったけど更新をさぼりまくった。

気が乗らなかっただけ!


義兄は退院して元気にやっている。

大腸を20センチも切ったのに肝臓にも肺にも転移が無く、抗がん剤も必要なし。

退院して1か月後、手術後の経過診察だけ(^^♪

運が良くて驚きました。


11月は仕事がたくさんあって忙しかった。

毎日のように上からバラバラ
aki8.jpg


庭の通路は空き家のように落ち葉だらけ (>_<)

前の道路も我が家の落ち葉で一面、お隣さんの旦那さんが掃き掃除!

雨が降れば掃き掃除は出来ないし、晴れた日に乾いた落ち葉を掃いてますが、朝になれば山のような落ち葉です。

道路の落ち葉を集めて袋に入れて腐葉土にしてます。
aki15.jpg


庭の中もこんな感じで落ち葉でいっぱい。
aki9.jpg


池の中も落ち葉でいっぱい。
aki14.jpg


木も葉が無くなったので、池の落ち葉をさらって一昨日ようやく池の蓋をした。
aki11.jpg


庭師も入って葉の落ちたモミジの枝を切ったり、雪吊りをして冬支度完成です。


この時期、庭には花が無い、花ではないけどベニシタンの実も綺麗に感じます。
aki12.jpg



家の中は花のかわりに畑で育てた南蛮を(^^♪
aki1.jpg


ハバネロ南蛮を楽しんでました。
aki2.jpg


1種類だけ咲いてる花は山茶花なんです。
aki13.jpg


花だけじゃなく季節のものは何でも楽しみます。
aki4.jpg


数日楽しんでお酒造りをしました。

この実を全部取り出して!
aki5.jpg


ザクロ酒です、来年の初夏には飲めるでしょう♬
aki7.jpg


こんな過ごし方をしてました。


たくさんのご訪問 アリガトウ(^^♪ ございました。


またお越しください。

プチ旅14 [ぶらりと]

ある日、突然の出来事なんです。


10月26日 義兄は大腸がん検診日でした。

検診日当日、腸を綺麗にするためおおよそ2リットルの下剤水を飲みます。

朝から義兄はその水を飲み始めた。

下剤水を飲み始めてから義兄は吐きまくった、異常を感じた姪は救急車を依頼。

その朝、職場へ行くつもりでいた姪は突然の出来事で病院行き、様子が分かるまで離れることも出来ず当日は携帯で職場に休暇願をする。

一人娘の姪は独身、突然父親は入院、母親は認知症なので家に一人にしておけない、にわかに降ってきた問題に困惑。

今まで義姉のことは義兄が介護をしていた。

頭はダメでも足はしっかりしている、何をするか目の離せない義姉。

父親が入院となると母親を一人にしておけない、仕事を持っている姪が困っている。

私も「検査入院なら3日位だろう」 と思って協力してあげることにした。


病室に入った義兄、浣腸をかけたが便が出ない。

2度目に強い浣腸をかけた、それでも便は出ない。

CTをかけた、大腸に大きくなったガンが腸を塞いで便が落ちなくなっていた。

当然飲んだ水も落ちない、だから吐いたわけだ。

検査入院のつもりが緊急の個室になった義兄、血圧は下がりすぎて上がらない、色々な器具の置かた病室で点滴や酸素マスク、体は たくさんの管につながっている。

それから退院のめどが立たなくなった、その日から私の事情も変わった。


姪は母親を週2回のデーサービスをお願いしている、その日から しばらく毎日預かってもらうことにした。

しかし帰ってくるのは4時、それから姪の勤務が終わって帰宅するまで、私が見ることになった。

大人しく座っていない義姉、「仏壇に供える」、と言っては炊飯器を開ける。

「お茶を入れる」 と言っては誰が使ったか分からない茶碗に茶を注ぐ。

「食事の支度をする」 と言ってはガス栓を開ける。

「トイレへ行く」 と言って風呂場へ行って、注意されると洗濯機をいじりだす。

20分しか経ってなくても時間の経つのが遅く感じる、2時間も経ったように思えた。

こんなことがいつまで続くのだろう・・・先の見えない問題にだんだん不安になってきた。


老々介護から認知症が認知症を見る認認介護とは、先進国と言えるのだろうか!

介護保険税を取りながら入れる施設がない、両親を見ていると若者が働けない社会、とても疑問を感じる。

今後の見通しが立つまで姪を助けることになった。


義兄の体調や病院のスケジュールで手術日も決まって

昨日、義兄は腹腔鏡手術で大腸がん手術をした。

切った腸の長さは20センチ。

ガンは大きかったのに切開の長さもそう大きくなく、医学の日進月歩に驚かされた。

手術後も落ち着いている、ようやく目途も立ちホッとしております。



こんな理由で更新も出来なかったのです。

義兄は大腸がん検診を一度も受けたことが無かったそうです。

大腸がんは進行が遅い、毎年 検便検査を受けていれば見つかったときで間に合うそうです。

みなさんも検便検査を受けましょう。


************************************

更新は前回の続きです。


ここは三国街道塩沢宿
sio1.jpg


街道の家並です。
sio2.jpg


昔懐かしい落ち着いた渋い建物。
sio3.jpg


昔懐かしい本屋さんがあります。
sio4.jpg


昔のポスト
sio5.jpg


そこは郵便局
sio6.jpg


この建物は両替屋
sio7.jpg

sio20.jpg


両替屋・・・実は銀行  塩沢信用組合
sio9.jpg


行った日は日曜日でしたから窓口は閉まっていた、でも中の様子は見られます。
sio10.jpg


和の文化は良いね♬
sio12.jpg


受付窓口で待っているときは、ここに座って!
sio11.jpg

どこの銀行でも利息が付かないのなら お客様に、これくらいのサービスがあっても良いのにね。


薬局です。
sio13.jpg


ダスキンの社長宅
sio18.jpg


こちらは病院
sio21.jpg


この街は「北越雪譜の鈴木牧之=すずきぼくし」街です。
sio14.jpg


こんなプチ旅でした。


ご訪問いただきありがとうございました。


またお越しください。

プチ旅13 [ぶらりと]

10月30日(日) お天気に恵まれた日、中越地方まで遊びに行ってきた

新潟県は南北に長く、県内と言っても行った先は高速を使っても3時間もかかる。

途中 越後川口サービスエリアで休憩
tabi1.jpg


行ったところは魚沼市

西福寺 開山堂 小さいお寺です。
tabi3.jpg

小さいお寺ですが幕末の巨匠 石川雲蝶(いしかわうんちょう)の素晴らしい彫刻、絵画、漆喰細工、が施されている。


茅葺屋根の建物で施されているところが開山堂、この建物の中に彫刻、絵画などの作品が施されている。

外側は以前は無かった、建物の保護のために作られたものです。
tabi2.jpg


作品は撮影禁止のためありません。

石川雲蝶は幕末の名匠 その作品は日光東照宮にも劣らない素晴らしいものであることから、日本のミケランジェロと言われている。

石川雲蝶の像  
(この石碑も以前は無かった、拝観料500円、観光バス1日に何台来るのやら・・・お寺は儲かるのね)
tabi4.jpg



石川雲長蝶の経歴
(ピンボケで読みにくいね、私の撮り方ってこんなものよ><)
tabi5.jpg


ここを鑑賞してから六日町のホテルへ食事に

ホテル木の芽坂
tabi6.jpg


ホテルへ入るとこんな感じ
tabi8.jpg


米大国魚沼 お酒が並んでいる。
tabi10.jpg


雪国魚沼 藁靴も色々
tabi9.jpg


旅行はお腹が空く・・・車に揺られるとお腹が空くらしい!

写真に気が付いたときは料理は無かった。
tabi7.jpg


六日町から見える山々

1が坂戸山  2が金城山  3が八海山
tabi12.jpg


直江兼続で有名になった山 坂戸山 (山城の有った山です)
tabi11.jpg


金城山
tabi16.jpg


このとき八海山は雲がかかっていた。
tabi14.jpg


車窓からですが、この角度で巻機山が少し見えた。

1が坂戸山  2が金城山  3が巻機山
tabi17.jpg


巻機山はR17号線からは、金城山の陰になり見えにくい。

ここから塩沢へ移動です。


ご訪問いただきありがとうございました。

またお越しください。

プチ旅12 [ぶらりと]

忘年会とは言うのには早かったけど、みんなの待っていた食事会は終わった。

道具も片付き、座布団カバー洗濯も終わった。


我が家での集まりのきっかけは、ずいぶん前ですがスポーツ施設に来ていた親子が居た。

そのころ離婚した若い母と保育園へ行っていた男の子が来ていた。

母親はウチの娘と同年代。


親子の生活費は、時給で働く母親の給金、プラス母子年金と養育費。

子供を抱えて精神面も不安定なのか母親はよく男の子を叱って、子供はよく泣いていた。

可哀想なので、さり気なく手を差し伸べ助けていた。


スポーツ施設に来るみなさん、仲間同士で忘年会、新年会、と集まって飲食会などやっていた。

その母親は誘っても理由を付けてお断りが多い。

考えてみれば会費の4000円5000円の出費は親子の暮らす生活費の割合を大きく占める。

それで相棒と私の2人分の会費で、我が家でみんなにご馳走をして上げたら、その親子も参加できるだろう!

といった理由が始まりなんです。


今その母親は再婚し、母親は精神的に安定して幸せに暮らしてます。

また、保育園に行っていた男の子も国立大学を卒業して、今は立派な社会人です。

いつも「良かったなぁ~~」と思い出してます。


****************************::

予定していたスケジュールが片付いたのでちょっと足を延ばしてお出かけしてきました。

行った先はここ
puthi1.jpg


見える街は福島市

↑印は信夫山
puthi2.jpg


紅葉はこんな感じでした。
puthi3.jpg


puthi4.jpg


奥に見える山は吾妻小富士
puthi5.jpg


車窓からの風景
puthi6.jpg


火山の山なので丸坊主

道路のガードレールの下に、山の麓のガードレールが見えます。

「車の窓を開けず素早く走ってください」と立札の立っているところです。
puthi7.jpg


煙のようにえるのは水蒸気なのかガスが出ているのか・・・!
puthi8.jpg


こんな立札がたくさん立っている。
puthi9.jpg


駐車場に車を停めて吾妻小富士へ登る予定で家を出たけど、とても寒くて風も吹いていて帽子も飛ばされそう

近くを散策したかったけど、気温が低く出ている手も冷たく 寒すぎて断念した。

良い天気なので遊びに来たのに雨も降りはじめた。
puthi10.jpg


レストランで食事をして帰ることにした。


帰りに寄った天狗の庭
puthi11.jpg


阿武隈山脈の風景です。
puthi12.jpg


つばくろ谷
puthi14.jpg


深い渓谷です。
puthi13.jpg


途中フルーツラインでリンゴを買って帰ってきた。


相棒が眠気状態なので途中で運転を交代した。

雨の降る山道、日暮れも早い、目の良い私の運転の方が安全だ。

無事1日が終わった。


たくさんご訪問いただき、ありがとうございました。

またお越しください。

恒例の行事です [食]

毎年暮れに近ずくとスポーツ施設の体操の仲間と、我が家で私の手料理で忘年会なんです。

今年も昨日の23日集まってやりました。

11月12月は、私の方に色々な予定が入っていてできない、少し早いけどはさまらないからやったのです。

前日から料理のメニューを考えたり、お部屋の雰囲気つくりを考えたり・・・!

料理に合わせて器を考えたり(^ω^)

お客様をお迎えする準備に追われてPCの時間もなく過ごしていた。

たくさんのご訪問をいただきながら訪問できずすみません。



*********************************

ようやく片付いたので、もてなしの準備を更新します。


庭で咲いた花を生けてお迎えです。
motenasi1.jpg


花はツキヌキキバナホトトギス
motenasi2.jpg


上り間の床に花
motenasi5.jpg


ホトトギス、キイジョウロウホトトギス、キンシバイ
motenasi6.jpg


居間の床
motenasi3.jpg


斑入りのツワブキ、フジバカマ、吾亦紅
motenasi4.jpg

飾った花は全部庭の花です。

招きの為に、他にも花は生けてますが省略です。



会場作りです。


世話のできる人数は10人前後に決めてます。

あまり大勢では世話のできない人数になります。

大勢いるので出席者も私が決めると不公平、誰も文句の言えない人に一任してます。

その人の決めた参加者人数で準備です。



相棒に襖を外してもらって、長テーブルを2つ出してもらった。
motenasi8.jpg


料理を紹介。

今回は特製カレーのリクエストがあり前日から玉ねぎを1時間半炒めて取り掛かった。

忙しくてカレーの写真は有りません。

今回の料理のメニュー

特製カレー、サンマのかまぼこ、山芋とムカゴの春巻き、カボチャのポタージュ

キュウリと昆布料理、ゴーヤと白エビの佃煮、大根の焼酎漬け、トマトの塩まぶし

蕪の漬物、カレー用のご飯の他に、カニチラシ、豆腐、なめこ、ネギの味噌汁

お茶うけには、干し柿のシソ巻、ハチミツに漬けこんだ梅。


当日のは忙しくて全く写真はありません、前もって作っておいたゴーヤと白エビの佃煮を紹介


ゴーヤ4~5本分
motenasi11.jpg


白干しエビを入れて、日本酒、だし醤油、ハチミツを入れてコトコト。
motenasi12.jpg


水分がなくなるまで炒ります。
motenasi13.jpg


もう1つは干し柿のシソ巻

塩漬けしてあったシソを水洗いし冷凍してあった干し柿です。
motenasi14.jpg


干し柿を4つに切ってシソで包む。
motenasi15.jpg


テーブルのランチョンマット

左の葉っぱの皿はサンマの手作りかまぼこ、小さい器はゴーヤの佃煮、上はキュウリ料理、蕪の形の蕪の漬物。
motenasi10.jpg


客を待つ会場。
motenasi9.jpg


他の料理はお客様が来てから、作りたてを出します。


色々作ってますがアツアツの作りたてなど出しますから、客が来てからの料理の写真は全くありません。


料理は評判がよく、余った料理はみんなでトレイに入れて分けて持って帰っ行った。


とても楽しく過ごして終わった。


使った食器も片付けた。

今朝、使ったランチョンマット、お手拭き、など洗濯をして干した。


使い終わって、みんな片付いた部屋です。
motenasi18.jpg


使った座布団のカバーを外した座布団。
motenasi17.jpg


予定した1つのスケジュールが終わった。


またお越しください。

何も無いの2 [季節]

昨日は晴天の青空、街では商工会祭りがあって賑やかな音が風に乗って聞こえてくる。

あまりにも良いお天気で我が家は遊びにも出ず朝から忙しかった。

毛布シーツ布団カバー、など大きい洗濯物をたくさん洗った。

物干しは屋上なので乾くのも早い。

程よい風があるので2時間もすると乾いてしまう。

また次のものを洗って干した。


次に敷布団や毛布など屋上に並べて干した。


今度は家中掃除です。

ベッドを動かし隅々まで掃除機をかけた。


クローゼットや寝室はどの部屋も桐の床。

窓を開けて桐の床だけワックスをかけることにした。


ワックスが乾くまで庭仕事です。

元気のない山野草を植え直したり、数か所に置いてあった鉢を集めたりバタバタと動き回った。

日が短くなった、暗くなるまで働いた。


*********************************

今、庭には何もないのです。

咲いている花はホトトギス
niwa4.jpg


だから~~同じ花しかありません。
niwa5.jpg


入る部屋の先々にホトトギス花
niwa7.jpg


家の出入りするところまで♬
niwa6.jpg

あっちこっちと10か所も同じ花を生けた。


この他に太陽が照るとこのように咲く花も有ります。
niwa1jpg.jpg


リンドウです。

ピンボケですが数か所に咲いてます。
niwa2.jpg


ちょっとですがシュウメイギクも楽しませてくれます。
niwa3.jpg


顔を上に向ければこんな実も。
niwa8.jpg


青空に映えて綺麗です。
niwa9.jpg


何もない寂しい庭でした。


ご訪問いただきありがとうございました。


またお越しください。

働き者かも!2 [食]

雑談を一つ

今、山で暮らす人は猿に荒らされて作物を作ることが出来ないと聞きます。

山の人たちは、里へ下りてきて畑をしなくなった農家の畑を借りて野菜を作って毎日の暮らしを楽しんでます。

でも年配者は車の運転ができない、家のすぐ側の庭で野菜を作って、毎日の味噌汁の具など育てている。

猿は平気で庭の野菜まで引き抜いたり収穫して食べたり・・・。


腹に据えかねたお婆さんが空鍋と棒を持ってきて、猿撃退をするため鍋の底をガンガン叩いた。

猿はその音に驚いて逃げて行った。


鍋と棒は、また来たときのために玄関の側に置いてあった。

翌日ガンガンと鍋を叩く音がする。

お婆さんが外へ出て見たら、猿が鍋と棒を持って鍋をガンガンたたいて遊んでいた。

その話を聞いて大笑い・・・しかし山で暮らす人たちは笑いごとで済まされない深刻な話です。


山の話でした。


同じ山の話ですが、今年は栗の実が生らない、と聞きました。

市場へ行って扱っている人に尋ねて、栗林をもって居る人に電話で聞いてもらって求めました。


先日、10キロ届けてもらって

届いた夜、夜なべ仕事で4キロ剝いたので、これは6キロ分の栗です。
CIMG3727.JPG


栗の渋皮煮を待っている人が居る。

大変な作業ですが楽しみにしている人の為に毎年作っている。

傷をつけずに鬼皮を剥く、少しでも傷をつけるとそこから割れてダメになる。

10キロ分の渋皮の栗、腱鞘炎になりそうだった。
CIMG3728.JPG


相棒も手伝ってくれます。

しかし不器用なので傷をつけてしまいます。

虫栗の良いところだけ剥いたのと、相棒が傷をつけたものは、栗ご飯用です。
CIMG3730.JPG


重曹で何度も何度も渋抜きをして、何度も何度も重曹抜きを繰り返し。

何度も何度もシロップ漬けを繰り返し。

最後にブランディーをダブダブ注いで出来上がり。

出来上がった栗を取れる渋を取りながらビン詰め。
CIMG3747.JPG


2年ぐらい保ように熱処理。

10キロ近い栗ですから大鍋2つ分。
CIMG3748.JPG

完成です。

商売でないから全部大盤振る舞いです。


ポポを知らない人が多かったので載せます。

薄皮を剥くとこんな色。
CIMG3736.JPG


こんな風にして頂きました。
CIMG3738.JPG


食べた後はアケビとは違った大きい種が入ってます。
CIMG3740.JPG

味はアケビの様でもあり、違うような?甘いけど自然の甘味、表現が難しい。

足の速い果物なので出回らないかも。


もう一つ。

庭からムカゴを収穫しました。
CIMG3723.JPG

天ぷらが良いかな^^ ムカゴご飯もよいね^^ 炒っても美味しいよ♪

秋は日は短くなったけど、食べ物が豊かで嬉しいね。


ご訪問いただきありがとうございました。


またお越しください。

働き者かも!1 [食]

今年は台風の数が多い。

迷走台風だったり遅く生まれた台風が先に去ったり・・・!

予報図で台風が来そうなので実の落ちないうちに収穫を、と思ってお隣さんのアキゴロモの実を収穫しに行った。

お隣さんの庭にはアキゴロモの木は4本ある。

届くところから実をもぎ取っていたら、持ち主が高いところは届かないと思って踏み台も持って来てくれた。

まだ青いのや赤くなったのや色々、熟した黒ずんだものだけ収穫してきた。

秋にあまりにも綺麗に紅葉するのでアキゴロモと言ってますが、植物図鑑はナツハゼになっていると思います。

収穫したナツハゼ
satu1.jpg


ゴミを綺麗にとって綺麗に洗って!
satu2.jpg


フードプロセッサーで砕いてブランディーと酸味があるのでたっぷりのハチミツで煮込む
satu3.jpg


こげないようによくかき混ぜる。
satu7.jpg


自然のものは凄いです、洗っても落ちない。
satu5.jpg


アントシアニンたっぷりのジャム完成です。
satu4.jpg


台風18号がまたこちらへ来そう・・・!

今度は日本海側から横断しそう。

日本海側からの台風上陸は歴史上初めて、行政も避難情報を出し続けていた。

台風が来る前に。。。と思って残っているナツハゼの実を採りに行ってきた。
satu6.jpg


これだけ出来た。
satu8.jpg


パンに付けたり、ヨーグルトに入れたり食べてます。


一昨日の夜半から朝まで上陸の予報でしたが台風は日本海で消えてしまったようで風は吹かなかった。

果物農家の収穫は、これからだったので助かったことでしょう♪

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


知人が

「母のきもの箪笥ごともらったの」

「着るなら上げる」

と数枚もらった。


しかし頂いたままでも悪い気がしてお礼に

作務衣を作ってあげますよ」

と言った。

「母の形見だから妹の分もおねがいしていい?」

と言われて作ってあげることにした。


雨の日や涼しい日などにダラダラと作り始めた。


こんな風に縫い上げた。
samui1.jpg


1枚目完成
samui2.jpg


2枚目はこの着物
samui3.jpg


この着物は洋服地で作ってあったので裏地を付けて、この様に作った。
samui4.jpg


冬用に、この生地も裏地を付けてあげた。
samui5.jpg


全部で5枚完成です。
samui6.jpg


これから自分のも作らなくちゃ(^0^)


ご訪問いただきありがとうございました。


またお越しください。

何も無いの [季節]

日本海側の新潟は冬は雲に覆われお天気は悪いけど、春以降天気も良く毎年台風の直撃もあまり受けない。


今年の夏は太平洋側よりお天気は良かったと思います。

農作物の米も農家の話では雨もそう多くなく豊作、出来も良く等級米も良かったと聞きました。


また台風が来そうです。

予報図を見るとまた日本列島を縦断しそうです。

各地に被害の出ないことを願ってます。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


更新するにも花も無く、収穫するにも実はまだ早い。

庭に咲いている花は無いので家中同じ花で楽しんでます。

居間です。
kiku1.jpg


ミニキッチンです。
kiku3.jpg


茶室です。
kiku7.jpg


アップです。
kiku8.jpg


廊下です。
kiku5.jpg

kiku6.jpg


トイレです。
kiku4.jpg



トイレです。
kiku9.jpg



行く先々菊芋の花(@@)


玄関だけヤブラン♪
yabu.jpg



実のものもまだ柿は早い、花梨も早い、アケビは全滅した。

今年はポポが豊作。

ポポを収穫しました。
popo1.jpg


皮を剥いて食べごろです。
popo3.jpg


何もない我が家でした。


毎日人が来てお茶飲みの日々、PCの時間が無くてすみません。


ご訪問いただきありがとうございました。


またお越しください。

ぶらり旅2 [ぶらりと]

前回の続きです。

ここは日出谷駅
bura18.jpg


日出谷駅は磐越西線の無人駅です。
bura16.jpg


土曜日、日曜日、祝日、煙を吐いて昔ながらのSLが走ります。

「ばんえつ物語号」と言うSLです。
bura17.jpg


ホームには、こんな観光案内版も有りました。
bura19.jpg


写真を撮っていたらJRので電車が入ってきた。

磐越西線は新潟駅から福島県の会津若松駅まで行きます。
bura14.jpg


いつか磐越西線を走るSLに乗って旅をしてみたいなぁ~~と思いながら電車を見送った。
bura15.jpg


駅の前には立派な公民館があります。
bura23.jpg


色々な催し物が出来るように大きくて綺麗、建物の半分しか見えません、。
bura12.jpg


周囲は花も植えてあり花盛りでした。
bura13.jpg


駅周辺です、どの家も瓦屋根でなくカラートタンの屋根です。
bura9.jpg


庭には雪から植木を守る冬囲いの道具が見えます。
bura11.jpg


日も短くなって、ここから家路ですが、走っていたら変わった花が目に入った。

車を停めて見に行った、オオケタデでした。
bura24.jpg


長く続いて咲いてましたが、全体はおさまらない。
bura25.jpg


とても綺麗でした。
bura26.jpg


1日遊んで帰ってきましたが、我が家の庭もヒガンバナが満開(^^♪
bura28.jpg


今年は彼岸中に満開になりました。
bura29.jpg


予報では、しばらくお天気が悪そう(><)

冬物出したり、夏物出したり、安定しない気温、健康管理してください。


ご訪問いただきありがとうございました。


またお越しください。
前の10件 | -