So-net無料ブログ作成

観光してきました4 [旅]

GWが始まった。

GW初日に港で「魚祭り」のイベントが計画されて朝早く行ってきた。

開会時間は8時から、8時数分過ぎに到着。

始まる前から発泡スチロールの積み上げられた売り場の前は人だかり。

売買開始が始まったけど何を売っているのか見えないほど人が立ちはだかっている。

みなさん発泡スチロール箱ごと買って人をかき分け出てくる。

人を押しのけ買い物するのは、私には無理。

買わずに諦めて帰ってきた。

GWは静かに過ごすことにした。


****************************

旅の続きです。

隠岐の島は大きい島は4つあり、島前=どうせん  島後=どうご に分かれている。

島前の地図
oki1.jpg

島前は、中ノ島、知夫里島、西ノ島。


中ノ島は 海士(あま)町と言われ =  人口2400人 小学校2校 中学校 高校があり、牛の数600頭。


西ノ島は 西ノ島町と言われ =  人口3000人 小学校 中学校があり 
                        牛の数600頭 馬50頭

知夫里島は 知夫村と言われ = 人口600人 小中一貫校
                 牛の数600頭 たぬきの数2000匹

たぬきの数が人口の3倍以上には笑ってしまいました。


つぎは 島後です。

島後は一番大きく、隠岐の島町と言われている。
oki2.jpg

隠岐の諸島最大の島で、ほぼ円形。

人口15000人 小学校7校 中学校4校 高校2校
牛の数500頭 馬の数8頭


158キロ先に「竹島」があります。

朝鮮戦争で陥落寸前だった国。

日本の支援で誕生した韓国。

韓国の李承晩が勝手に海に線を引き、当時の日本の漁船を片っ端から拿捕。

恩を仇で返す国民性、今と同じ。

当時の漁師たちは、拿捕され捕まえられて8畳の部屋に20人も詰め込まれ、寒い季節に毛布1枚与えられた。

横になるどころか、座ることさい寝ることさいできない、ぎゅうぎゅう詰め。

食事もろくに与えられなかった、人権侵害を受けた。

拿捕された数えきれない漁船は全部盗られて、自分たちが利用した。

その後、島は乗っ取られて、外務省の弱腰外交に呆れた。

山ほど証拠があるのに何もしない「省」 「外務省」とは言いたくない「害有省」だ

こう言うことは事実なんですから、政府は歴史として国民に事実を教えるべきです。

国際裁判所へ訴えて国を挙げて国家と国民を守るべきだ、腹が立って仕方がない。


隠岐と本土を結ぶ全体の船のルートが書いてあります。
oki4.jpg


私たちは「おき」に乗り、相棒は「くにが」に乗ってしまった。

「おき」は西郷の港に着いた。
oki5.jpg


西郷の港  しかし「くにが」は立ち寄らない。
oki6.jpg


こんな風景を見ながら「おき」は次の港へ向かった。
oki7.jpg


結構小島がある、海を見ながらの旅です。
oki8.jpg


列車で言うと 「おき」は 普通列車
          「くにが」は特急列車

カーフェリーは、中ノ島に近くなった。
oki9.jpg


島に滞在する間 お世話になるホテルも見えてきた。
oki10.jpg


温泉付きのマリンポートホテル
oki11.jpg


「おき」は4時間かかって 「菱浦港」 に着いた。
oki12.jpg


「くにが」に乗った相棒、待っている姿が見える。
到着してから、どのくらい待っていたのだろう!
oki13.jpg


金を持っていないので、喉が渇いても飲むことが出来ない、お腹が空いても食べることも出来なかった相棒、
知ってる人も居ないので話すことのできなかった相棒が待っていた。
oki14.jpg


中ノ島の菱浦港でやっと合流することが出来た。

この島に着いてから本土の感覚で考えていた私たち、また大変なことを知ることになる。

それは次回です。


ご訪問いただきありがとうございました。


またお越しください。

介護の出来事 [雑談]

隠岐の観光の続き。。。と思いましたが、今回のドライブとつぎ足すと長くなりすぎるので次回です。


痴呆の進んだ義姉を義兄が面倒している。

感心している、気分転換も必要と思い

23日(日)義兄夫婦を花見に連れだした。

どこかで、まだ桜の見られるところがあるのではないかと桜を追って北上。

途中で義姉の為に道の駅でトイレ休憩。

手を引いて道の駅のトイレへ・・・!

義姉はトイレに入って鍵をかけ1人で用を足した。


それからが大変(-.-)

中で鍵をかけたが開け方が分からない義姉(><)

義姉 「出られないの、どうしたらいいかわからない!!」 

ワタシ 「鍵を横に引くによ」

義姉 「なにをやっても開かない・・・開け方わからない、もうだめだ」

ワタシ 「おねえさん 鍵の棒を横に動かして・・・」

義姉は言っている意味が分からずドアを引いたり押したり・・・!

しばらくこんなやり取り、途方に暮れた。

事情も知らず外で待っている義兄と相棒、時間のかかることを言うため一旦トイレから外に出た。

しかし今度はその2人が居ない、探しても探しても居ない。


閉じこもっている義姉を放置しておくわけにもいかず、またトイレへ。


トイレの中で、ドアの中と外で大声の私たちのやり取りの会話。

トイレに入ってくる人たちが、私たちの会話で義姉の入っているドアの前に人だかりができた(-.-)

こんなやり取りでどのくらいの時間がかかったのだろう:::

知らない人たちも 「鍵を横に動かしな・・・」と言い始めた。

中でどうにかしているうちに鍵がスーと開いた、人だかりの前を義姉は何事もなかったように出てきた。

こんな大騒ぎをしたのに手を洗うときは、今、自分の出来事が分からない。

それからは、どの道の駅でも一緒に中へ入って用を済ませた。



どこまで北上しても桜は終っている。

鶴岡まで来たが鶴岡城址も終わっていた。

桜は無理だったけど気分転換のドライブで義兄夫婦は喜んでいる。


R112線へ入った。

峠は豪雪でまだこんな雪。
yui1.jpg


だんだん雪の壁、座席が後部なので遮光ガラス、少し暗く撮れている。
yuki2.jpg


yuki3.jpg


忘れていた季節を思い出させた。
yuki4.jpg


車窓からなので綺麗に撮れない。
yuki6.jpg


義兄はいつも助手席に座る、後部座席なので写真は撮りにくい。
yuki7.jpg


寒河江ダム湖
yuki8.jpg


国道112号線にちなんで、112Mまで上がる噴水は4月29日からでした。
yuki9.jpg



桜を見ないで雪景色を見てきた。
yuki5.jpg



この日は、山形県の白鷹町で桜の満開にであった。

車窓からの観賞だけなので写真は有りません。


この日はお天気が良く、各道の駅に立ち寄り名物を見たり買ったり結構面白かった。

相棒は運転の交代者もなく1人で300キロ走った。

義兄も車窓から楽しまれて、私たちは一日介護の日でした。


ご訪問いただきありがとうございました。


またお越しください。

観光してきました3 [旅]

一昨日はフキノトウを採りに山へ行ってきた。

フキノトウを食べると胃を刺激するのかとてもお腹が空く。

フキノトウは眠っていた細胞を目覚めさせ起こすと言われてます。

知り合いのご主人が手術後も抗がん剤の治療で食欲もなく、元気な細胞もダメージを受けているようだ。


フキノトウを食べさせてあげよう!

フキノトウの佃煮を作って食べさせたら少しは食欲もでるかも。


そう思って75キロ離れた飯豊町まで行ってきた。

これが収穫してきたフキノトウ
これからフキノトウを洗って
fuki2.jpg


茹でて佃煮作りに取り掛かります。
fuki3.jpg


これは境港の鮮魚センターで買ってきたちりめんじゃこ(^^♪
fuki4.jpg


抗がん剤でカルシュームを摂りにくくなっているので、ちりめんじゃこ一袋入れてフキノトウの佃煮を作った。
fuki5.jpg


出来上がった佃煮を、大腸がんの手術をした義兄と、知り合いのご主人用と、我が家の分、三等分に分けた。

知り合いのご主人は精神面でだいぶ落ち込んでますが、心配してくれる周囲の気持ちが励みになっている、と言っていた。

「とてもおいしかった」と喜んでくれた。

帰ってきてから毎日このよう色々の作業です。


*****************************************

旅行の続きです。

カーフェリーで敦賀港で下船です。

敦賀から高速へ上がった。

高速は、北陸道、名神高速道、中国自動車道、米子自動車道、と相棒と交代しながら走った。

途中食事をしたりトイレ休憩をしたりしながら、福井、滋賀、京都、大阪、兵庫、岡山まで走り、そこから鳥取の米子市を走って境港まで。

かなりの距離を走ったもんだ、体力有るなぁ~~あまり疲れていない。

境港に一泊して次の日は境港の七類港からカーフェリーで隠岐の島へ。
oki5.jpg


「くにが」このカーフェリーに乗る予定でした。
oki3.jpg


乗る前の孫の記念撮影
oki2.jpg


しかし乗船手続きをした娘は、私たちをこのカーフェリーへ連れて行った。
oki4.jpg

oki6.jpg


乗船してから撮った七類のターミナル
oki9.jpg

oki11.jpg


前の船は「くにが」
oki13.jpg


出港したようです。
oki10.jpg


中を散策。
oki7.jpg


oki8.jpg


岸がだんだん遠くなる、しかし相棒の姿がない??
oki12.jpg


こんなに離れたのに船の中にはどこを探しても居ない。
oki14.jpg


そんなに広くないのに・・・様子がおかしい?

インフォメーションへ行って

「車と一緒に乗った主人が居ないのです」

「呼び出します」

とマイクで呼び出し放送をしてくれた。

しかし現れない!!!!

もしかして、と思ったインフォメーションの担当者たちが

「どこの港で下船ですか?今「くにが」に問い合わせてます、少しお待ちください。」

「誘導係が別の船へ誘導したことが分かりました」

それからが大変、手違いで、私たちは「おき」に乗り、相棒は「くにが」に乗ってしまったらしい。

相棒は金も持っておらず、携帯も持っておらず・・・。

担当者に、どんな方法で連絡を取ったらよいか相談した。

「くにが」のスタッフの携帯と、「おき」のスタッフの携帯で、娘と相棒が話すことが出来た。


娘が乗船券の確認をせず乗ってしまったのが原因でした。
oki15.jpg


一時はどうなるのかと心配しましたが、こんな手違いも旅の想い出です。


次も観光です。


ご訪問いただきありがとうございました。


またお越しください。

観光してきました2 [旅]

船旅が始まりました。

この船には福島からのツアー団体、仙台からのツアー団体も一緒に乗りました。


1泊するので、家族で過ごすため娘にネットで個室の手配をしてもらった。

スイートルームは和室、洋室など、基本的にはペアで使用することを想定して作られてます。

和室も良いけど畳の部屋は3人までなら寝られそうですが4人となると無理。

4人で寝られる部屋はこんな形の部屋しかなかった。
heya3.jpg


畳 2畳の広さにテーブル、テレビ、ポットに茶櫃が置かれて、二段ベッド。
naka1.jpg


気がねなくくつろげて落ち着ける、孫は喜んでいた。
naka2.jpg


洗面所もあり、歯ブラシ、タオルも用意してあった。
naka3.jpg


相棒は上の段で寝巻に着替えて読書です。
naka4.jpg


孫の居るところはキッズコーナー、子供向けの本が置かれていた。

孫は本を読むのが大好きなので、ここで本を読んで過ごした。
naka5.jpg


ゲームコーナー
naka6.jpg


色々な遊びのマシーン
naka7.jpg

naka12.jpg


コインランドリーもあります。
naka8.jpg


この部屋には卓球台
naka9.jpg

naka11.jpg


写真は無いけど水着を着て夏場のジャグジー、ペットを預かる部屋や、ビデオシアター、展望台大浴場などあります。


広いレストランもあり夕食はそこでとりました。

自分で食べたい料理を各自お盆に載せて食べました。

食事を済ませてから大浴場へ♪


ベッドで休みましたが大きい船なのでほとんど揺れません。

とても静かです。



周囲は静かになったころ・・・隣の部屋から。。。

大きな声でペチャクチャ ペチャクチャ・・・ゲラゲラ ゲラゲラ・・・。

静まり返っているから一層響く。

声は孫の寝ている壁側の部屋から聞こえてくる。

大声のおしゃべりは、なかなか終わらない。

そのうちに孫が

「お母さん、声がうるさくて眠られないの」

お母さん 「壁を叩いてごらん、止むと思うから」

孫は仕切られている壁をトントンと叩いた。

それでも大声の、おしゃべりは終わらない。

孫 「たたいたのにやまないよ」

お母さん 「こうするのよ」

と、にこやかな顔でドカッ! と一発壁を蹴飛ばした。

シ~~~ン・・・やんだ

ポカーンとしている孫にお母さんはにっこり笑って

 「ね。静かになったでしょ、おやすみなさい^^」

その後、物音一つしなかった。

翌朝、隣の方は、どんな人か見たかったけど会うことできなかった。


こんな旅の出来事でした。


ご訪問いただきありがとうございました。


またお越しください。

観光してきました1 [旅]

旅から帰ってきてから忙しかった。

庭は落ち葉などでゴミだらけ、庭掃除。

家の中も掃除、鉢植えの植え替え、伸びた庭の草取り、春の山菜取り。


そのほか町内の下水掃除に、柿畑の肥料撒き、山の手入れ、


毎日がこんな仕事でした。


…。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



4月初め、娘と孫と4人で新日本海フェリーで旅に出発した。

全長195M  総トン数20554トン  22.7ノット速力  926名定員 
トラック186台  乗用車80台  の大きいカーフェリー


新潟港から敦賀まで11時間の船旅です。
feri-1.jpg



本来、横書きの字は左から右に読みます、出発前、孫は

「ばからしーリェフ」 だって・・・!

と読んだので大笑いした。
feri-3.jpg

「フェリーしらかば」なんだけど・・・でも間違っていない。



車の乗船口をつなぎ始めました。
feri-4.jpg



作業員の作業しているのが見えます。
feri-5.jpg



こちらも人を乗せる乗船口をつないでます。
feri-6.jpg



インフォメーションで受付をして乗船しました。

中のラウンジ
feri-9.jpg



フォワードサロン
feri-7.jpg



お天気が良かったので甲板へ出て見ました。
feri-11.jpg



風が冷たったので人はあまり居りません。
feri-12.jpg



フェリーは新潟港からどんどん離れていきます。

高いノッポビルは「トキメッセ」
feri-8.jpg



屋根の尖った左が「ネクスト21」 右が「県庁」のビルです。
feri-10.jpg



港からどんどん離れた、薄いけど雪を頂いた山も見えます。
feri-13.jpg



弥彦山が見えてきた。
feri-16.jpg



完全に日本海へ出ました。
feri-14.jpg



日本海に夕日が沈み始めた。
feri-15.jpg


しかし風が強すぎて立っていられない。

沈むところを撮ったけどブレブレ写真で削除した。


続きます


ご訪問いただきありがとうございました。


またお越しください。

咲いた~咲いた♪4 [季節]

国内の旅ですが10日間ほど旅行をしてきました。

庭は私たちを春爛漫で迎えてくれました。


八潮ツツジは満開です。
hana1.jpg



このやさしい色が好きです。
hana2.jpg



トサミズキもブラブラです。
hana3.jpg



白梅も盛りが過ぎて池は散った花びらで真っ白でした。
hana4.jpg



咲き始めたばかりの沈丁花は満開でした。
hana5.jpg



出かけるとき膨らんでいたタムシバは終わりに近かった。
hana6.jpg



ヒメコブシはまだ楽しめます。
hana7.jpg



地面の方はイカリソウが咲いていた。
hana8.jpg



こちらはシロバナです。
hana9.jpg



イワヤツデだったかハナヤツデ・・・!どっちかな!!!忘れた(><)
hana10.jpg



カタクリが咲いていた。
hana11.jpg



庭の数か所にポツンポツンと咲いていた。
hana12.jpg



ショウジョウバカマは伸びていた。
hana13.jpg



ミヤマカタバミも咲いていた。
hana14.jpg



この場所のシュンランは一面でしたが、ネズミに喰われたのか花も葉っぱもいつもと違う!

たぶんモグラの穴に入ったネズミに喰われたのでしょう、松の根もやられて松も元気がない。
hana15.jpg



この残ったシュンランを育てなくちゃ!
hana16.jpg



今年はモグラの掘り起こした土が流れて雪割草も良くなかったけど、まだ楽しめました。
hana18.jpg



横文字の花の無い庭ですがこの花だけあります。

娘が中学生の時、友達から頂いたものなんです。
hana17.jpg


遊んでいると社会の雑音を忘れて浦島太郎でした。


留守中、たくさんのご訪問いただきありがとうございました。


またお越しください。

咲いた~咲いた♪3 [季節]

薄っぺらな中身で大騒ぎ、国政は不安定になってきた。

政局が不安定になって先の見えなくなってきた日本株は外国勢に売却され暴落!

日本国家の損失は数兆、国有地の8億円なんてもんじゃない!

国政の安定や、国民の生命財産より大事なのは 国有地か~~


政局が不安定予測で国内は株も下がり始めたが、海外と外交も心配になってきた。


隣国には「日本は敵性国家」と言っている大統領が誕生するでしょう!

政局は国家を揺るがす問題を抱えているのに、こんな問題で明け暮れしている。

こんな問題で政局を不安定にし、企業や投資家に損失を与えた野党は、どう責任を取るのか・・・。


論議をするなら「今の与党より良い対案がある」と言った政策論議の対案で戦ってもらいたい。


本当はこんなこと書きたくないのよ(-.-) 

ワタシ1人が日本の将来を心配しても仕方がないけど、

国会議員のレベルが低すぎて時々腹に据えかねるの。



私の心配と関係なく庭は花盛りです。

マンサクはまだ咲いてます。
ki1.jpg


トサミズキも咲いてます。
ki2.jpg


山茱萸です
ki3.jpg


木が高いので二階からも
ki4.jpg


紅梅です
ki5.jpg


白梅です
ki8.jpg


ヒュウガミズキも咲いてます
ki7.jpg


胡蝶侘助
ki6.jpg


沈丁花の白も咲き始めた
ki9.jpg


下を見ればイワヤツデが
hana1.jpg


こんな花も満開なんです
hana2.jpg


そんなに日が照らなかったのに咲いてます
hana3.jpg


日が照ったらもっと綺麗なんですよ(^^♪
hana4.jpg


太陽が出ると雪割草の花で庭が明るくなります。
hana5.jpg


こんな庭を散策して山野草を楽しんでます。


しばらくブログを休みます。


コメントも閉じました。


ご訪問いただきありがとうございました。
nice!(45)  トラックバック(0)