So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年07月| 2017年08月 |- ブログトップ

観光してきました20 [旅]

暑い、蚊が居る、そんな理由であまり庭に出なかった、気が付かないうちに花は過ぎていた。

ヒオウギはずいぶん前から咲いている、もう終わりに近い。
niwa2.jpg


カワラナデシコも満開が過ぎて終わりに近い。
niwa3.jpg


カワラナデシコの白い花は消えたと思っていたらあった。
niwa4.jpg

↑大きい株で花は殆ど終わっていた。


訪問のブログでキツネノカミソリを見たので、思い出して庭を散策。

昨年までたくさん出ていたのに今年は少ない。
niwa1.jpg


下は一面カンアオイが出ている。

カンアオイに負けたのかなぁ~~、これからかなぁ~~

側へ行ってみたいけど蚊が居るし、面倒だし・・・!


2か月にもなるのに手が@@
niwa5.jpg


朝起きてから洋服の脱ぎ着、物を持つ、切る、絞る、親指が無いと暮らせない。

普段は気が付かなかったけど親指は何をするにも使う、休ませることが出来ない。

今日もお灸をして、湿布をしてテーピング

使わなかったら治るのでしょうけど・・・!


*********************

山陰の大根島、由志園の続きです。


落ち着いた牡丹庭を過ぎて
yusi12.jpg


行った先は、ボタンの陳列

ピンク系
botan1.jpg


黄色や白系
botan2.jpg


赤系
botan3.jpg


紫系
botan4.jpg

と並んで牡丹の数の多さに驚いた。

それが、しおれた花は1本も無い、素晴らしい♬

ここを過ぎるとまた素晴らしい庭。
botan5.jpg


歩いて楽しめるって良いですね。
botan6.jpg


茶室もあります。
botan7.jpg


苔の庭を散策すると
botan8.jpg


その先には滝が有った。
botan9.jpg


この滝を見て感激なのに、その先にはもっと立派な滝。
botan10.jpg


名前は竜渓滝
botan11.jpg


一周して歩いていると渡ってきた橋も見える。
botan12.jpg


その先は足立美術館に負けない日本庭園
botan13.jpg


石庭です。
botan14.jpg

botan15.jpg


建物の中はスタッフたちが、水を流し牡丹の花を浮かべて楽しませる作業をしていた。
botan16.jpg


昭和42年から1台のブルドーザーで造園に着工始めた初代園主の紹介が張ってあった。
botan17.jpg


何十年もかかって完成したことが分かった。
botan18.jpg


そのお食事処から見る庭は窓の仕切りも無い一面のガラス。
botan19.jpg


絵ハガキを楽しむような庭の風景を観賞できます。
botan20.jpg

この大根島の由志園庭は1万坪の広さです、この広さは凄い。

また、大根島は朝鮮人参で松江藩は潤いました。

今は牡丹園で有名ですが、今でも朝鮮人参で有名な大根島でした。


ご訪問いただきありがとうございました。


またお越しください。
nice!(40)  コメント(1) 

クルーズ船ではないけど(^^♪ [ぶらりと]

山陰の観光の旅はまだ続きがありますが、後回しです。


7月30日にちょっと隣の県まで足を延ばし遊んできた。


こんな川で遊んできました。
kawa1.jpg


到着したのはこんなところ(^^♪

戸沢藩船番所
kawa2.jpg


こんな看板も有るの。
kawa3.jpg


乗船手形を出してくれるところ

ここで料金を払うのよ
kawa4.jpg


時間、料金表が提示してあって
kawa5.jpg


通過すると、こんな船が・・・いや・・・こんな舟かな待機して
kawa6.jpg


今日は救命胴衣を付けさせられて
kawa7.jpg


最上川峡芭蕉ライン20キロの舟下り
kawa8.jpg


この日の最上川 濁っている。

穏やかそうな流れに見えますが川底の流れは物凄く早い。
kawa9.jpg


溺れて沈んだら10m下流へ流さている。

だからこの最上川は全域遊泳禁止の川です。

川幅や蛇行によっては荒波の場所も数ヶ所
kawa10.jpg


今日のガイドさん
kawa11.jpg


伊藤満さん

日本語ペラペラ、山形語ペラペラの人です。
kawa12.jpg


乗せた国の人に合わせて英語、中国語、韓国語、などの話せるガイドを担当させます。


最上川には川のコンビニがあり、舟を寄せて買い物もできます。


ここが「川のコンビニ」です。
kawa13.jpg


舟から降りても良いけど、舟に乗ったまま買い物もできます。

焼き立てアツアツの塩焼きアユを食べている人、アイスを食べている人色々。

私たちは、アツアツたこ焼きを舟まで持って来てもらい食べた、美味しかった♪
kawa14.jpg


コンビニから離れてまた舟下りです。


舟でしか行けない個人の神社
kawa15.jpg


白糸の滝
kawa16.jpg

↑この滝は枯れることはない。


最上川にはこの滝を含めて大小合わせて40以上の滝があります。
kawa17.jpg


下船した近くで昼食
kawa18.jpg


曇った日でジリジリせず楽しい舟下りを楽しんだ。

大きい船も良いけど、こんな舟もたまには面白いね。


ご訪問いただきありがとうございました。


またお越しください。
nice!(39)  コメント(25) 

あの有名なクラゲの水族館へ [ぶらりと]

昨日は経過観察で病院へ行ってきた。

肺がんの宣告を受けて早2年、CT撮影を受けて診察。

この2年大きくならないがん、ず~~と経過観察です。

診察室へ入って担当医師とCT画像を見た。

がんは大きくなっていないし前とまったく変わっていない、診察はまた半年延びた。


その4日前に受けた胃カメラも異常なし。

15年ほど前から胃にサイズ1㎝の盛り上がっていたポリープを持っていた。

毎回集団検診で引っかかり回される、二度手間になるので直接胃カメラなんです。

それがポリープは消えて無くなった。


人間の体は理解しにくいことだらけです。

常に現実を受け止めて、くよくよしないせいかな・・・まだ元気に生きられそう♬


*********************

夢のような孫との時間、今度はこんなところへです。


孫を楽しませるために「クラゲの水族館世界一」へ行ってきた。

載せきれないので気に入ったものや、珍しいものだけです。

カタクチイワシのように見えますがシロザケの稚魚
yura1.jpg


これはアメマス
yura2.jpg


深海性イソギンチャク
yura3.jpg


海底に咲く花 フサトゲニチリンヒトデ
yura4.jpg



その他にもアシカショー アザラシショーもあります。

観客席へアザラシの挨拶
yura5.jpg


こちらはアシカの挨拶
yura6.jpg


挨拶を済ませてから色々な芸を見せてくれました。

飼育員の投げた、こんなものを
yura7.jpg


キャッチしたり、キャッチしたものを投げ返したり(^^♪
yura8.jpg


サッカーボールを載せて歩いたり、ラクビーボールを載せたり。
yura9.jpg

輪投げやジャンプなど、まだたくさんのショーを見せてくれた。

アシカとアザラシのように違った種類の動物を一緒に芸をさせるのは非常に難しいそうです。

この水族館では珍しく成功しました。


水族館はクラゲの数がたくさんあって載せきれない、珍しいのだけ選んで!
yura10.jpg


yura11.jpg


プロカミアジェリー
yura12.jpg


長い長い帯のような紐を下げたインドネシアシーネットル
yura13.jpg


シンカイウリクラゲ
yura19.jpg


日本産食用クラゲ
yura14.jpg


カキノテクラゲ
yura15.jpg

↑刺胞毒は強烈でこの水族館の館長が刺され3日間入院し、完治まで10日間かかった。


クラゲはここでこのように育てられてます。

生まれたばかり、5日目、10日日目、と育つ大きさが分かり、拡大鏡も置かれ見られます。
yura17.jpg


色々なクラゲの赤ちゃんが育てられてます。
yura16.jpg


こんな毎日だったので、孫は浦島太郎の夢のような日々だったことでしょう!


我が街の駅から特急に乗り、新幹線に乗り、羽田から飛行機で帰っていった。

駅で見送る私たちを姿が見えなくなるまで手を振っていたのが思い出されます。


ご訪問いただきありがとうございました。


またお越しください。
nice!(40)  コメント(30) 

2017年07月|2017年08月 |- ブログトップ