So-net無料ブログ作成
検索選択
ぶらりと ブログトップ
前の10件 | -

足を延ばし走った距離450キロ [ぶらりと]

夏と言うのに梅雨のように湿度が高くムシムシの気温。

今年は暑中お見舞いも、残暑お見舞いも 申し上げないうちに虫の音が・・・秋の気配を感じます。


そんな中、涼しさを誘うこんな花が咲いてます。

sagi1.jpg


あまり手入れをしていなかったので雑草だらけの中に美しく羽ばたいてます。
sagi2.jpg


管理をして来年はもっときれいに咲かせて上げなくちゃ…!
sagi3.jpg


*********************

全国道の駅10選に入ると言う「道の駅」を見つけた。

道の駅も今やトイレ休憩ばかりじゃなく、楽しんで1日遊べるような造りに変わってきている。


県内のR8号線、名立谷浜の道の駅も10選に入っていた。

県内と言っても新潟県は長~い、その道の駅は我が家からは250キロくらい離れている。

もう一ヶ所は、R47号線の宮城大崎、距離は同じようなものだ。

買い物を済ませてから出かけることにした。


我が家から北上し、山形県へ。

前回 川下りした最上川に沿ってR47号線を走る。

道もしばらく走っていないと新しいバイパスが出来ていたり・・・変わっている!

遅く出たので途中のドライブインで昼食をした。

走っても走っても大崎は遠い。

途中温泉地もいくつか有った。

山形県を越えて宮城県へ入った。


こんな道の駅もあったので入ってみた。
tabi1.jpg


温泉を楽しむ道の駅です。
tabi2.jpg


産地物産の方へ入りました。
tabi3.jpg


産地の野菜、その他名物が置いてあった。

藁草履(わらじ)の大きさの岩出山かりんとうを買った。
tabi4.jpg

「岩出山」はかりんとうが名物です、1枚食べたらやめられない、でも太るので止めてます。


あの有名な芭蕉の句

「ノミシラミ 馬が尿する 枕元」 
tabi5.jpg


ここを通過して鳴子街へ入りました。

以前は狭い温泉街の道を走ったのに、今は温泉街を走らないバイパス道路です。

こけし資料館へ入ってみました、写真は撮られないのでありませんが中では、こけし作りや絵付け作業をしてます。
tabi6.jpg


来春楽しむ可愛い鳴子雛を買ってきた。
tabi7.jpg


ここから30キロ走り目的の「道の駅」へ到着です。
tabi8.jpg


この道の駅は「1000円バイキング」で人気10選だそうです。
tabi9.jpg


裏にも大きい駐車場があり、表が満車なので裏に停めここから入った。
tabi10.jpg


産地の採りたて野菜から、名物色々なものが所狭しと陳列でした。

ここでエゴマパウダーを買ってきた。
tabi11.jpg


この道の駅を散策して戻ることにした。

家を遅く出たので来るとき寄らなかった道の駅です。

時間が有ったら寄ることにしてました。
tabi12.jpg


戸沢村に朝鮮の道の駅
tabi13.jpg


時間的に仕舞う頃、中に入って散策。
tabi14.jpg


食事処の建物ですが、2時ころまでだったかなぁ~~
tabi15.jpg


ここではキムチと干したナツメを買ってきた。
tabi16.jpg


産地を知るには 「道の駅」 道の駅巡り旅も面白いです。

「道の駅」巡りで走った距離450キロでした。


ご訪問いただきありがとうございました。


またお越しください。
nice!(40)  コメント(28) 

クルーズ船ではないけど(^^♪ [ぶらりと]

山陰の観光の旅はまだ続きがありますが、後回しです。


7月30日にちょっと隣の県まで足を延ばし遊んできた。


こんな川で遊んできました。
kawa1.jpg


到着したのはこんなところ(^^♪

戸沢藩船番所
kawa2.jpg


こんな看板も有るの。
kawa3.jpg


乗船手形を出してくれるところ

ここで料金を払うのよ
kawa4.jpg


時間、料金表が提示してあって
kawa5.jpg


通過すると、こんな船が・・・いや・・・こんな舟かな待機して
kawa6.jpg


今日は救命胴衣を付けさせられて
kawa7.jpg


最上川峡芭蕉ライン20キロの舟下り
kawa8.jpg


この日の最上川 濁っている。

穏やかそうな流れに見えますが川底の流れは物凄く早い。
kawa9.jpg


溺れて沈んだら10m下流へ流さている。

だからこの最上川は全域遊泳禁止の川です。

川幅や蛇行によっては荒波の場所も数ヶ所
kawa10.jpg


今日のガイドさん
kawa11.jpg


伊藤満さん

日本語ペラペラ、山形語ペラペラの人です。
kawa12.jpg


乗せた国の人に合わせて英語、中国語、韓国語、などの話せるガイドを担当させます。


最上川には川のコンビニがあり、舟を寄せて買い物もできます。


ここが「川のコンビニ」です。
kawa13.jpg


舟から降りても良いけど、舟に乗ったまま買い物もできます。

焼き立てアツアツの塩焼きアユを食べている人、アイスを食べている人色々。

私たちは、アツアツたこ焼きを舟まで持って来てもらい食べた、美味しかった♪
kawa14.jpg


コンビニから離れてまた舟下りです。


舟でしか行けない個人の神社
kawa15.jpg


白糸の滝
kawa16.jpg

↑この滝は枯れることはない。


最上川にはこの滝を含めて大小合わせて40以上の滝があります。
kawa17.jpg


下船した近くで昼食
kawa18.jpg


曇った日でジリジリせず楽しい舟下りを楽しんだ。

大きい船も良いけど、こんな舟もたまには面白いね。


ご訪問いただきありがとうございました。


またお越しください。
nice!(41)  コメント(25) 

あの有名なクラゲの水族館へ [ぶらりと]

昨日は経過観察で病院へ行ってきた。

肺がんの宣告を受けて早2年、CT撮影を受けて診察。

この2年大きくならないがん、ず~~と経過観察です。

診察室へ入って担当医師とCT画像を見た。

がんは大きくなっていないし前とまったく変わっていない、診察はまた半年延びた。


その4日前に受けた胃カメラも異常なし。

15年ほど前から胃にサイズ1㎝の盛り上がっていたポリープを持っていた。

毎回集団検診で引っかかり回される、二度手間になるので直接胃カメラなんです。

それがポリープは消えて無くなった。


人間の体は理解しにくいことだらけです。

常に現実を受け止めて、くよくよしないせいかな・・・まだ元気に生きられそう♬


*********************

夢のような孫との時間、今度はこんなところへです。


孫を楽しませるために「クラゲの水族館世界一」へ行ってきた。

載せきれないので気に入ったものや、珍しいものだけです。

カタクチイワシのように見えますがシロザケの稚魚
yura1.jpg


これはアメマス
yura2.jpg


深海性イソギンチャク
yura3.jpg


海底に咲く花 フサトゲニチリンヒトデ
yura4.jpg



その他にもアシカショー アザラシショーもあります。

観客席へアザラシの挨拶
yura5.jpg


こちらはアシカの挨拶
yura6.jpg


挨拶を済ませてから色々な芸を見せてくれました。

飼育員の投げた、こんなものを
yura7.jpg


キャッチしたり、キャッチしたものを投げ返したり(^^♪
yura8.jpg


サッカーボールを載せて歩いたり、ラクビーボールを載せたり。
yura9.jpg

輪投げやジャンプなど、まだたくさんのショーを見せてくれた。

アシカとアザラシのように違った種類の動物を一緒に芸をさせるのは非常に難しいそうです。

この水族館では珍しく成功しました。


水族館はクラゲの数がたくさんあって載せきれない、珍しいのだけ選んで!
yura10.jpg


yura11.jpg


プロカミアジェリー
yura12.jpg


長い長い帯のような紐を下げたインドネシアシーネットル
yura13.jpg


シンカイウリクラゲ
yura19.jpg


日本産食用クラゲ
yura14.jpg


カキノテクラゲ
yura15.jpg

↑刺胞毒は強烈でこの水族館の館長が刺され3日間入院し、完治まで10日間かかった。


クラゲはここでこのように育てられてます。

生まれたばかり、5日目、10日日目、と育つ大きさが分かり、拡大鏡も置かれ見られます。
yura17.jpg


色々なクラゲの赤ちゃんが育てられてます。
yura16.jpg


こんな毎日だったので、孫は浦島太郎の夢のような日々だったことでしょう!


我が街の駅から特急に乗り、新幹線に乗り、羽田から飛行機で帰っていった。

駅で見送る私たちを姿が見えなくなるまで手を振っていたのが思い出されます。


ご訪問いただきありがとうございました。


またお越しください。
nice!(41)  コメント(30) 

ちょっとそこまで [ぶらりと]

隠岐の観光を載せようと思いましたが、GWの更新です。


GWは予定では混み合うので静かに過ごそうと思ってた。

しかし毎日天気が良く、家に居ては損をするような気がしてちょっとお出かけ。

4日(木)、R49号線をドライブしてきた。


ここはR49号線にある、道の駅「じぱんぐ」

福島新潟の豪雨で阿賀野川が氾濫、この道の駅も阿賀野川の水がドンドン増え、押し寄せた水が駐車場から建物、売り場まで水に浸かった。
doraibu1.jpg


当時ここに勤めていた人は、こんなことを話してくれた。

「後ろの山からは滝のような水が流れてきて、前からは阿賀野川の水が押し寄せてきて、国道49号線の道路は川のようになった」

身の危険を感じて「道の駅」で働いている人に、こうしろ、ああしろ、とは言えない!

「各自の判断で早く避難してください」

それしか言えなかった、と言ってました。


その人の話で、川のようになった道路は30センチの水位になったら車のドアは開かなかった、と言ってました。


当時無かった土手、この庭からかさ上げの土手が見えます。
doraibu2.jpg

庭にはお社があり何か祀ってあったけど、流されたのか何もありませんでした。


河川敷の船着き場もめちゃめちゃに流されて、当時は目を覆いたくなる水の怖さを実感した。

土手を何メートルくらい高くしたのだろう、GWで川下りを楽しむ人が大勢。
doraibu3.jpg


この日は新緑を楽しむお客が次の船を待っている。
doraibu4.jpg



水害前ですが私たちも3回ほど阿賀野川の船下りをしている、水害後はまだ乗っていない。
doraibu6.jpg

見ていて気が付いたけど、以前は縄文杉から乗ってここで下船した、しかし船は上流へ上がっていく。

川下りじゃなく 川上り!!!変わったのかなぁ~~



次の船が入ってくる、やっぱりここから上流へ@@
doraibu7.jpg


土手からは高速道路が見える。

白いのが高速道路、下の赤いのが国道49号線。
doraibu8.jpg


川の上に見えるのは磐越西線
doraibu9.jpg

ディーゼル車は目の前を走って行ったけど、カメラをケースから出しているうちに通り過ぎちゃった。

人出の多いこの日、人並みに楽しんできた。



山菜の時期、こんなものも楽しんだ。

こごみの炒め物
sannsai1.jpg


タラの芽は天ぷらにした。
sannsai2.jpg


今は庭の山野草を楽しんでいる。


ご訪問いただきありがとうございました。


またお越しください。

ドライブをした [ぶらりと]

1週間前の3月5日あまり天気が良かったので、私の運転でドライブをした。

道中は運転のため写真は有りません。

しかし目に飛び込んでくる風景はまだまだ雪でいっぱ~~い(^0^)

着いたところは山形県の道の駅(^^♪
iide1.jpg


ここは飯豊町の道の駅
iide2.jpg


裏山もまだこんな感じ
iide3.jpg


溶けるまでまだまだかかりそうな風景です。
iide4.jpg


「日本一美しい村」

と言われるところが有ると聞いて、そこへ行ってみようと思いインフォメーションで聞いた。


インフォメーションの係の人は

「まだ雪深くて行けないよ、田植えの頃が一番きれいと思います」

と説明してくれた。


「じゃぁ~~今日は道の駅で買い物をして、出直そうか~~」

と言うことになった。


昼食を食べて

相棒はミックスフライ定食
iide5.jpg


私は米沢牛しゃぶしゃぶ蕎麦でした。
iide6.jpg


道の駅で買った品物

鯨のハム
iide7.jpg

子供の頃食べた鯨の大和煮缶詰に似たような懐かしい味がした。


体重が気になり、こんなものを食べてお茶を飲むことにした。
iide8.jpg


体に良い「エゴマ和え」をしようとエゴマを買った。
iide9.jpg


酒粕は漬物、飲み物、料理に重宝なので4キロ買ってきた。
iide10.jpg


この買い物をして帰りも私の運転、相棒はゆっくりと流れる風景を車窓から眺めていた。

そのうちに眠り始めた。

私の運転の時は、緊張感が無くなり適度な振動で眠気がさすのかいつも居眠りなんです。


帰ってきてから、この材料で楽しんでます。
iide11.jpg


******************

筋トレを始めてから1か月半が過ぎた。

筋肉がついて足のふくらはぎや大腿部は見ただけでも分かるようになった。

昨日の自転車の負荷86Wで30分、大した疲れもない。

大汗で自転車の下は垂れた汗でびしょびしょ、周りには汗が飛び散って次の人の為に掃除をした。

あれだけ汗をかいたのに使ったエネルギー173カロリ、瘦せるって大変です。

体重は減りませんね。

でも良いのです、程よい疲れで夜もぐっすり眠って体調はバッチリ(^0^)

みなさんも程よい疲れを作って気持ちよい睡眠をとってください。


ご訪問いただきありがとうございました。


またお越しください。

プチ旅14 [ぶらりと]

ある日、突然の出来事なんです。


10月26日 義兄は大腸がん検診日でした。

検診日当日、腸を綺麗にするためおおよそ2リットルの下剤水を飲みます。

朝から義兄はその水を飲み始めた。

下剤水を飲み始めてから義兄は吐きまくった、異常を感じた姪は救急車を依頼。

その朝、職場へ行くつもりでいた姪は突然の出来事で病院行き、様子が分かるまで離れることも出来ず当日は携帯で職場に休暇願をする。

一人娘の姪は独身、突然父親は入院、母親は認知症なので家に一人にしておけない、にわかに降ってきた問題に困惑。

今まで義姉のことは義兄が介護をしていた。

頭はダメでも足はしっかりしている、何をするか目の離せない義姉。

父親が入院となると母親を一人にしておけない、仕事を持っている姪が困っている。

私も「検査入院なら3日位だろう」 と思って協力してあげることにした。


病室に入った義兄、浣腸をかけたが便が出ない。

2度目に強い浣腸をかけた、それでも便は出ない。

CTをかけた、大腸に大きくなったガンが腸を塞いで便が落ちなくなっていた。

当然飲んだ水も落ちない、だから吐いたわけだ。

検査入院のつもりが緊急の個室になった義兄、血圧は下がりすぎて上がらない、色々な器具の置かた病室で点滴や酸素マスク、体は たくさんの管につながっている。

それから退院のめどが立たなくなった、その日から私の事情も変わった。


姪は母親を週2回のデーサービスをお願いしている、その日から しばらく毎日預かってもらうことにした。

しかし帰ってくるのは4時、それから姪の勤務が終わって帰宅するまで、私が見ることになった。

大人しく座っていない義姉、「仏壇に供える」、と言っては炊飯器を開ける。

「お茶を入れる」 と言っては誰が使ったか分からない茶碗に茶を注ぐ。

「食事の支度をする」 と言ってはガス栓を開ける。

「トイレへ行く」 と言って風呂場へ行って、注意されると洗濯機をいじりだす。

20分しか経ってなくても時間の経つのが遅く感じる、2時間も経ったように思えた。

こんなことがいつまで続くのだろう・・・先の見えない問題にだんだん不安になってきた。


老々介護から認知症が認知症を見る認認介護とは、先進国と言えるのだろうか!

介護保険税を取りながら入れる施設がない、両親を見ていると若者が働けない社会、とても疑問を感じる。

今後の見通しが立つまで姪を助けることになった。


義兄の体調や病院のスケジュールで手術日も決まって

昨日、義兄は腹腔鏡手術で大腸がん手術をした。

切った腸の長さは20センチ。

ガンは大きかったのに切開の長さもそう大きくなく、医学の日進月歩に驚かされた。

手術後も落ち着いている、ようやく目途も立ちホッとしております。



こんな理由で更新も出来なかったのです。

義兄は大腸がん検診を一度も受けたことが無かったそうです。

大腸がんは進行が遅い、毎年 検便検査を受けていれば見つかったときで間に合うそうです。

みなさんも検便検査を受けましょう。


************************************

更新は前回の続きです。


ここは三国街道塩沢宿
sio1.jpg


街道の家並です。
sio2.jpg


昔懐かしい落ち着いた渋い建物。
sio3.jpg


昔懐かしい本屋さんがあります。
sio4.jpg


昔のポスト
sio5.jpg


そこは郵便局
sio6.jpg


この建物は両替屋
sio7.jpg

sio20.jpg


両替屋・・・実は銀行  塩沢信用組合
sio9.jpg


行った日は日曜日でしたから窓口は閉まっていた、でも中の様子は見られます。
sio10.jpg


和の文化は良いね♬
sio12.jpg


受付窓口で待っているときは、ここに座って!
sio11.jpg

どこの銀行でも利息が付かないのなら お客様に、これくらいのサービスがあっても良いのにね。


薬局です。
sio13.jpg


ダスキンの社長宅
sio18.jpg


こちらは病院
sio21.jpg


この街は「北越雪譜の鈴木牧之=すずきぼくし」街です。
sio14.jpg


こんなプチ旅でした。


ご訪問いただきありがとうございました。


またお越しください。

プチ旅13 [ぶらりと]

10月30日(日) お天気に恵まれた日、中越地方まで遊びに行ってきた

新潟県は南北に長く、県内と言っても行った先は高速を使っても3時間もかかる。

途中 越後川口サービスエリアで休憩
tabi1.jpg


行ったところは魚沼市

西福寺 開山堂 小さいお寺です。
tabi3.jpg

小さいお寺ですが幕末の巨匠 石川雲蝶(いしかわうんちょう)の素晴らしい彫刻、絵画、漆喰細工、が施されている。


茅葺屋根の建物で施されているところが開山堂、この建物の中に彫刻、絵画などの作品が施されている。

外側は以前は無かった、建物の保護のために作られたものです。
tabi2.jpg


作品は撮影禁止のためありません。

石川雲蝶は幕末の名匠 その作品は日光東照宮にも劣らない素晴らしいものであることから、日本のミケランジェロと言われている。

石川雲蝶の像  
(この石碑も以前は無かった、拝観料500円、観光バス1日に何台来るのやら・・・お寺は儲かるのね)
tabi4.jpg



石川雲長蝶の経歴
(ピンボケで読みにくいね、私の撮り方ってこんなものよ><)
tabi5.jpg


ここを鑑賞してから六日町のホテルへ食事に

ホテル木の芽坂
tabi6.jpg


ホテルへ入るとこんな感じ
tabi8.jpg


米大国魚沼 お酒が並んでいる。
tabi10.jpg


雪国魚沼 藁靴も色々
tabi9.jpg


旅行はお腹が空く・・・車に揺られるとお腹が空くらしい!

写真に気が付いたときは料理は無かった。
tabi7.jpg


六日町から見える山々

1が坂戸山  2が金城山  3が八海山
tabi12.jpg


直江兼続で有名になった山 坂戸山 (山城の有った山です)
tabi11.jpg


金城山
tabi16.jpg


このとき八海山は雲がかかっていた。
tabi14.jpg


車窓からですが、この角度で巻機山が少し見えた。

1が坂戸山  2が金城山  3が巻機山
tabi17.jpg


巻機山はR17号線からは、金城山の陰になり見えにくい。

ここから塩沢へ移動です。


ご訪問いただきありがとうございました。

またお越しください。

プチ旅12 [ぶらりと]

忘年会とは言うのには早かったけど、みんなの待っていた食事会は終わった。

道具も片付き、座布団カバー洗濯も終わった。


我が家での集まりのきっかけは、ずいぶん前ですがスポーツ施設に来ていた親子が居た。

そのころ離婚した若い母と保育園へ行っていた男の子が来ていた。

母親はウチの娘と同年代。


親子の生活費は、時給で働く母親の給金、プラス母子年金と養育費。

子供を抱えて精神面も不安定なのか母親はよく男の子を叱って、子供はよく泣いていた。

可哀想なので、さり気なく手を差し伸べ助けていた。


スポーツ施設に来るみなさん、仲間同士で忘年会、新年会、と集まって飲食会などやっていた。

その母親は誘っても理由を付けてお断りが多い。

考えてみれば会費の4000円5000円の出費は親子の暮らす生活費の割合を大きく占める。

それで相棒と私の2人分の会費で、我が家でみんなにご馳走をして上げたら、その親子も参加できるだろう!

といった理由が始まりなんです。


今その母親は再婚し、母親は精神的に安定して幸せに暮らしてます。

また、保育園に行っていた男の子も国立大学を卒業して、今は立派な社会人です。

いつも「良かったなぁ~~」と思い出してます。


****************************::

予定していたスケジュールが片付いたのでちょっと足を延ばしてお出かけしてきました。

行った先はここ
puthi1.jpg


見える街は福島市

↑印は信夫山
puthi2.jpg


紅葉はこんな感じでした。
puthi3.jpg


puthi4.jpg


奥に見える山は吾妻小富士
puthi5.jpg


車窓からの風景
puthi6.jpg


火山の山なので丸坊主

道路のガードレールの下に、山の麓のガードレールが見えます。

「車の窓を開けず素早く走ってください」と立札の立っているところです。
puthi7.jpg


煙のようにえるのは水蒸気なのかガスが出ているのか・・・!
puthi8.jpg


こんな立札がたくさん立っている。
puthi9.jpg


駐車場に車を停めて吾妻小富士へ登る予定で家を出たけど、とても寒くて風も吹いていて帽子も飛ばされそう

近くを散策したかったけど、気温が低く出ている手も冷たく 寒すぎて断念した。

良い天気なので遊びに来たのに雨も降りはじめた。
puthi10.jpg


レストランで食事をして帰ることにした。


帰りに寄った天狗の庭
puthi11.jpg


阿武隈山脈の風景です。
puthi12.jpg


つばくろ谷
puthi14.jpg


深い渓谷です。
puthi13.jpg


途中フルーツラインでリンゴを買って帰ってきた。


相棒が眠気状態なので途中で運転を交代した。

雨の降る山道、日暮れも早い、目の良い私の運転の方が安全だ。

無事1日が終わった。


たくさんご訪問いただき、ありがとうございました。

またお越しください。

ぶらり旅2 [ぶらりと]

前回の続きです。

ここは日出谷駅
bura18.jpg


日出谷駅は磐越西線の無人駅です。
bura16.jpg


土曜日、日曜日、祝日、煙を吐いて昔ながらのSLが走ります。

「ばんえつ物語号」と言うSLです。
bura17.jpg


ホームには、こんな観光案内版も有りました。
bura19.jpg


写真を撮っていたらJRので電車が入ってきた。

磐越西線は新潟駅から福島県の会津若松駅まで行きます。
bura14.jpg


いつか磐越西線を走るSLに乗って旅をしてみたいなぁ~~と思いながら電車を見送った。
bura15.jpg


駅の前には立派な公民館があります。
bura23.jpg


色々な催し物が出来るように大きくて綺麗、建物の半分しか見えません、。
bura12.jpg


周囲は花も植えてあり花盛りでした。
bura13.jpg


駅周辺です、どの家も瓦屋根でなくカラートタンの屋根です。
bura9.jpg


庭には雪から植木を守る冬囲いの道具が見えます。
bura11.jpg


日も短くなって、ここから家路ですが、走っていたら変わった花が目に入った。

車を停めて見に行った、オオケタデでした。
bura24.jpg


長く続いて咲いてましたが、全体はおさまらない。
bura25.jpg


とても綺麗でした。
bura26.jpg


1日遊んで帰ってきましたが、我が家の庭もヒガンバナが満開(^^♪
bura28.jpg


今年は彼岸中に満開になりました。
bura29.jpg


予報では、しばらくお天気が悪そう(><)

冬物出したり、夏物出したり、安定しない気温、健康管理してください。


ご訪問いただきありがとうございました。


またお越しください。

ぶらり旅1 [ぶらりと]

9月24日、土曜日新潟へ遊びに出た。

スポーツ店へ寄り,相棒と自分のトレーニング用の上下を買ったり、世界のクオーツをやっていたので観賞したり、食事をしたり・・・!

昼食を済ませてからドライブをすることにした。


国道49号線を走るのは久しぶり^^

道路は以前と違う、阿賀野川に沿って走っていた道ではなく、長~~いトンネル。

曲がりくねった道ではなく立派な道、いきなり阿賀町の津川に入った。

そのまま行けば福島県の西会津に入る。

「旧道を走ってみよう」

そこから下道に入り、キリン山を背にして昔の会津街道、津川、鹿瀬、豊美、日出谷、と走った。

昔の会津街道です、今はあまり走らないのか道路沿線の草丈が伸びている。

以前来たときダチョウ牧場があった、しかし無くなっていた、道路1本で人の流れが変わる。


山道を抜けて昔の鹿瀬へ入った。

以前、鹿瀬には和紙の工房があったけど、今はやっているのか やっていないのか・・・!

駐車場に車は無かった。

さらに先へ進んだ、阿賀野川に沿って幅の狭いトンネルを幾つも抜けた。

途中でこんなところがあったのでちょっと覗いた。
bura20.jpg


ダム管理の隧道でした。
bura21.jpg


中は真っ暗、先が少し明るく見える。
bura22.jpg


真っ直ぐ豊美、日出谷、まで行ってみることにした。

田んぼが出てきた。

稲を刈って干してある、子供の頃良く見た風物詩です。
bura1.jpg


今はコンバインで刈りながら砕く、こういうハサ掛けは殆どの見られなくなった。
bura3.jpg


私の子供の頃は、あぜ道にタモの木が植えてあって、そこに竹で段をつくって稲を干した。

ここは杉木立にハサを作って掛けてあった。
bura4.jpg


ところ変わればやり方も違う、面白いと感じた。
bura5.jpg


近くでハサを作っている人が居たので、この棚を何て言うか聞いてみた。

場所がかわれば言い方も変わる「ハサ」じゃなく「ハデ」と言うそうです。
bura6.jpg


こんなところに藁を干してある。藁仕事の材料でしょう
bura2.jpg


走っていると斜面に赤い草がたくさん見えた、停めて見たら萩の花でした。
bura7.jpg


「萩」は彼岸の頃咲くので、お供えを「おはぎ」と言う、昔の人は風流でした。


西会津に近い日出谷(ひでや)まで来ました。
bura8.jpg


豪雪地なので屋根は瓦でなく、雪の滑りやすいトタン屋根です。
bura10.jpg


ここからは次回にします。


ご訪問いただきありがとうございました。

またお越しください。
前の10件 | - ぶらりと ブログトップ