So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

たまには鑑賞 [歴史 文化]

猛暑と言うより酷暑の毎日です。

信じられない気温になりました。

義兄を遊びに連れて行った日も猛暑で炎天下は焼けつくような日でした。

自然を楽しむようなことも出来ない暑さ、涼しく静かで過ごしやすい美術館へ連れて行った。

義兄も自分自身墨絵を描いていた。

いろいろなところへ出展して、遠いところでは台湾まで出展した。

だから美術館や博物館などを鑑賞するのが好きなんです。

池田美術館では「星野健司彫刻展」をやっていた。
CIMG8383.JPG


この日は星野健司さん本人も居り、作品の写真を撮って良いか聞いてみました。

頷いてましたが、バツでした。

彫刻は何で出来ているかを聞いたら、殆どがブロンズです、と答えてくれた。

写真は無いので美術館から見えた風景。


見える山は八海山。
CIMG8381.JPG


広い庭です。

この広い庭で結婚する若者が衣装を着けて写真撮影をしていた。
CIMG8380.JPG


中から見える山は、右が八海山、左に見えるのは駒ケ岳、中ノ岳は八海山の後になるからここからは見えない。
CIMG8391.JPG

と、美術館の方が説明してくれた。


美術館を出てから「北越雪譜」で有名な塩沢宿へ行くことにした。

三国街道塩沢宿は丁度夏祭りの真っ最中でした。
CIMG8392.JPG


鈴木牧之通りには露店が出ていて賑わっていた。
(鈴木牧之通りは、三国街道塩沢宿を復元したものです。)
CIMG8393.JPG

少し歩いてみましたが、暑いのなんの・・・食堂を聞いてクーラーの効いた食事処で昼食に入った。


食事を済ませて次の観光へ移動した。

今度は長岡にある歴史博物館へ。
CIMG8416.JPG



こちらの建物は色々な催し物展示会場
CIMG8419.JPG


今回の催し物は戊辰戦争150年記念の展示物に関係したものです。
CIMG8417.JPG

戊辰戦争の催し物はカメラ禁止なので無し、でも村上藩も関係しているので面白かった。


こちらの方は新潟県の歴史博物館
CIMG8418.JPG


建物は中でつながってます。


佐渡金山から出た金はこれくらい。
CIMG8394.JPG



それに対して銀はこのくらい。
CIMG8395.JPG


金の希少価値が良くわかる。


こんな風に金や銀は江戸まで運ばれた。
CIMG8397.JPG



この写真は新潟県から出た有名人
CIMG8398.JPG



ここは雪国の暮らし

昔は大雪で歩いている道は一階より高い、右の屋根は一階の建物です。
CIMG8407.JPG



雪下ろしをしてますが、雪は下へ下せないから雪堀と言います。
昔は二階から出入りした、と聞いてます。
CIMG8408.JPG


雪の下の商店街は雁木通りになっていて、右は雪の壁。
CIMG8403.JPG


雁木通りには昔はこんな風にお店が並んでいたのでしょう。
CIMG8404.JPG


CIMG8406.JPG



昔の写真が残っていたのでしょう、高田市役所と書いてあります。
CIMG8411.JPG

何を運んでいたのでしょうね。


新潟県には火炎土器などもでてます。

たくさんありましたが、載せきれないので省略です。

各地で文化的なものもたくさん展示されてましたが、省略です。


この日は、5時閉館ですが4時50分まで楽しみました。

義兄も喜んでいたので連れて来て良かった、と思いました。


たくさんご訪問いただきありがとうございました。


またお越しください。
nice!(13)  コメント(5) 

季節の香りが庭中に [季節]

この時期は色々あってブログの更新延び延びでした。

1年分のガリ生姜をつくったり。
gari.jpg


先日は、義兄を遊びに連れ出した。

義姉は週3回のディサービス、それ以外は義兄が世話をしている。

夫婦だから当然なんでしょうけど、息抜きが必要と思って遊びに連れて行った。


夏は暑いので公園はダメ、涼しいところで楽しもうと計画。

美術館巡りをすることにした。

行ったところは、ここ。
bi2.jpg

bi1.jpg

↑は後日更新です。


育てているキュウリは毎日10本くらい収穫。

2日位たつとこのくらいたまる。
kyuuri1.jpg


無駄を出さず色々な食べ方、マメに処理です。
kyuuri2.jpg


このキュウリは全部漬物、生野菜の感覚でボリボリ食べてます。
kyuuri3.jpg



庭は、今ヤマユリがたくさん咲いている。
yuri1.jpg


ヤマユリの花は、香りが強い。
yuri2.jpg

 
庭は築山がある、ユリは築山の松の枝より高いです。
yuri3.jpg


同じヤマユリでも斑点の薄い花びら、濃い花びらを発見。

このユリは斑点が少ない。
yuri7.jpg


人の背丈より高いユリ、松の枝と混じって咲いている。
yuri8.jpg


庭のここにも
yuri4.jpg


日当たりの関係でここはこれからです。
yuri5.jpg


写真以外に、この大輪を生けたり
yuri6.jpg


部屋の中にも。
yuri9.jpg


今は、外も中もヤマユリ一色で楽しんでます。


昨日、今日、と庭師さんが庭の剪定に入った。

松の剪定、ツゲの剪定、梅の剪定、モミジの剪定 他色々。

トラックに山ほどゴミが出た。

庭も明るくスッキリ風通しも良く、夏向きになりました。


たくさんのご訪問いただきありがとうございました。


またお越しください。
nice!(35)  コメント(28) 

春の観光 [旅]

今朝、4時ころ蝉の鳴き声で目が覚めた。

庭から羽化したのでしょう、今年初めての鳴き声です。

それから20分後、ゲーゲーと物凄い鳴き声が聞こえてきた。

庭の、どこにいるか見えないけど梅ノ木のあたりから聞こえる。

オナガでしょう・・・2~3分後どちらの鳴き声も止んだ。

今朝の出来事でした。

庭は、ヤマユリが咲き始めた。

庭に入ろうとしているモグラを何とか食い止め、今も頑張っているので山野草は落ち着いてます。

油断できません、モグラは敷地の境界線を今も掘ってます。


。。。。。。。。。。。。。。。

旅の続きです。

赤れんが博物館にはこんなモニュメントが展示されてました。
renga1.jpg

↑は舞鶴で活躍した「護衛艦いすず」で使用したものです。


赤れんが周辺の案内板です。
一番上の1から赤れんが4へ移動して見て歩いた。
renga14.jpg


赤れんがの建物
renga5.jpg


中は博物館、レストラン、売店など色々
renga2.jpg


renga3.jpg


renga4.jpg


広場も有ります。
renga6.jpg


博物館へ入って見ました。
renga7.jpg


とても広く歴史を伝える展示や
renga8.jpg


舞鶴海軍の活動の展示など
renga10.jpg


たくさん並べられていた。
これは「軍艦みかさ」の模型
renga11.jpg

載せきれないので簡単に(-.-)です。


その日は舞鶴に宿泊

市内の旅館です。
かなり広い部屋で16畳くらいあった。
座卓だけ撮って、手前の方は布団が敷いてあります。
renga12.jpg


食事は個室で用意され、別の部屋でした。
renga13.jpg


次の日は山陰の方へ移動です。


たくさんご訪問いただきありがとうございました。


またお越しください。
nice!(30)  コメント(22) 

春の観光 [旅]

北海道、四国、九州、関西、と各地で豪雨被害が出ている。

豪雨災害をもたらしているところにお住いのお方に、お見舞い申し上げます。


各地で豪雨被害被害が出ているというのに新潟下越は雨も少ない。


冬お天気の悪い分、この時期は毎日のように晴れる。

6月は梅雨だというのに空梅雨で 天気予報は毎日のように晴れマークだった。

相棒は毎朝水撒きに1時間以上かかる。

家庭菜園から山野草、鉢植え、など、たっぷりの水でもないのに1時間もかかるのです。

この2日ほど雨マークで、水撒きをしないで済むので喜んでいた。

気が付けば7月に入ってもうすぐ1週間になる。

毎日 何だかんだと気ぜわしく、昨日は1年分のガリ生姜を作った。

そんな近況の毎日です。


。。。。。。。。。。。。。。。


春の観光の続きです。


次の観光 舞鶴市街に入った。

「赤れんが博物館」 へ入った。
renga1.jpg


世界の日干しレンガがたくさん展示されてます。
renga2.jpg


沢山あるので、大まかに載せます。
renga3.jpg


世界の煉瓦の建築物
renga4.jpg


煉瓦の有名な建物を、大まかに。
renga5.jpg


renga6.jpg


レンガと言うのは外国語と思ったら、日本語だった。

煉瓦=レンガ・・・日本人がつけた名前でした。

建物の中に、煉瓦でどのようにして建築物を造るのか再現されている所。
renga7.jpg


模型もありました。
renga8.jpg

 ↑ 矢印は、北海道庁旧本庁舎 (昭和44年に重要文化財)


これは東京駅
renga9.jpg


写真の展示 この建物も立派です
renga10.jpg


歴史を感じる煉瓦の建物が結構あります。
renga11.jpg


日本にも煉瓦の建物が意外に多いことに気が付いた。
renga12.jpg


この様に残ってます。
renga13.jpg


じっくり見てから次の観光をしようと思ってたら、孫が
「ここに居る」
お母さんたち行ってきて!
と言う!

煉瓦を組み立てて何かを作るらしい。
renga14.jpg


何かにチャレンジしている孫。
renga15.jpg


「孫と居るから2人で次の所を観光して来て」
と爺が言う。
孫と爺を残し娘と2人で近くの観光へ移動した。


近くの観光施設を見て帰ってきたら煉瓦を積み重ねて遊んでいた孫は、こんなアーチを作って完成させていた。
renga16.jpg


孫にも楽しい施設でした。


次回も観光です。


ご訪問いただきありがとうございました。


またお越しください。
nice!(36)  コメント(24) 

春の観光  [旅]

色々と予定が有って遅くなってます。

春の観光の続きです。

福井から京都舞鶴へ移動しました。

こんな花の満開の頃でした。
tabi12.jpg



山道を車で走りながら着いたところはこんなところ。

五老スカイタワー
tabi1.jpg



標高301mにタワーが立っている。
tabi11.jpg



タワーの高さ50m、エレベーターに乗って一望できる舞鶴市街を見ることにした。
tabi2.jpg



東西南北見下ろして

tabi3.jpg

tabi4.jpg



リアス式海岸の舞鶴湾
tabi5.jpg

tabi6.jpg



若狭湾国定公園です。
tabi7.jpg

tabi8.jpg



近畿百景第1位の絶景を楽しみました。
tabi9.jpg

tabi19.jpg


ここを見てから舞鶴市街の観光へ移動した。


次回からは舞鶴観光です。


ご訪問いただきありがとうございました。

nice!(35)  コメント(18) 

マタギの里へ [ぶらりと]

同じ市に居ながら1度も行ったことのないところへ行ってきた。

ウチからは60キロも離れている山奥。

その集落はTVには放映される「しな布織」で有名な里です。

1度も行ったことがないのでカーナビに頼って走った。


山の斜面は、白い葉っぱがあっちこっちに見えた。

季節は、もうこんな時期か~~と思いながら走る。
ika2.jpg


この葉っぱ分かりますか!
マタタビの葉っぱなんです。
ika1.jpg


山には、谷間、谷間、に集落が点在する。

集落をつなぐ中心
ika3.jpg

この集落を「中継」と言います。


中継は山中ですが、小さいけど広々とした平野も広がってます。
ika4.jpg



中継の集落が見える、昔は集落の中が街道だったのでしょう。
車社会になって別の道が出来ている。
ika5.jpg


畑の作物は、網などで囲いされている。
たぶん猿対策でしょう。
ika6.jpg


来る道中、畑の作物はどの畑も網などで囲われていた。
猿除けをしないと猿に収穫され、大変なんですね。
ika7.jpg


この中継も空き家があります。
ika10.jpg

日本中どこへ行っても空き家が目立ちます。


小川の水はとても綺麗です。
ika8.jpg


灌漑用水の頭首工、禁漁区。
ika9.jpg


またしばらく山道を走る。


マタギの里は遠い、こんな山奥に人が暮らしていたのか、と思うほど山奥だった。
山熊田集落到着
ika11.jpg


「山熊田」とは
冬は山で狩猟をして、夏は田を耕して暮らす、と言う所からついた、と聞いてます。


しな布織をしている所は閉まっていた。
ika13.jpg


歩いているお婆さんに 何故閉まっているかを聞いてみた。

「今日は念仏の日で みんな集まって念仏をしている。」

「いつもは開いているんだよ」

と言ってました。

中のしな布の機織りは見ることができなかった、残念。


集落を散策して歩いた。

こんな宿舎も有った。
ika14.jpg


廃校は草に覆われて、避難所指定になっていた。
昔は子供も大勢いて賑やかだったでしょう!
ika15.jpg


たくさん雪が降るのでしょう、消火栓の高さは3mも有る。
ika16.jpg


廃屋も数軒あった。
ika17.jpg


ika18.jpg

日曜日なのに子供の姿は見えなかった。

若者がいなければ、限界集落なのかもしれない。

そんなことを考えながら散策をした。


ご訪問いただきありがとうございました。


またお越しください。
nice!(40)  コメント(27) 

ちょっとお出かけ [ぶらりと]

19日(火)栃木県那須連山の麓までお付き合いで行ってきた。

目的はホテルの食事を楽しんで、ゆっくりと温泉へ入る、と言うのが理由。

途中、那須フラワーワールドへ立ち寄った。

春はチューリップから始まって、今はバラでした。

でも盛りが過ぎたのか、あまり綺麗でなかったので載せません。

綺麗な花の絨毯だけ載せます。


モネフライモネフィラネモフィラ
hana1.jpg


アネモネ?・・・かなぁ~~?
hana2.jpg


hana3.jpg


hana4.jpg



横文字の花は分かりませ~~ん
hana5.jpg



さっぱり分かりませんが、ポピーかな?
hana6.jpg



デージー?
hana7.jpg



名前のわからない花(-.-)
hana8.jpg


ルピナスは分かります。
hana9.jpg


hana10.jpg


行った日、管理する人たちはバラの花摘みをしていた。

春の花の終わったところは、秋に向けた花の準備をしていた。


入場者に見せるためには、四季を通じて大変なんだなぁ~~!

と感じました。


花を観賞してホテルへ

爽やかな林を車窓から見ながら
hana11.jpg



着いたお休み処は、大きいホテル
ホテルエビナール那須
hana12.jpg


中はプールも有った。

料理の写真は撮るのを忘れてしまった。

お風呂も大きくて露天風呂も広くとてもきれいだった。

広いサウナを2回ほど入って汗を出してきた。


帰りは「お菓子城」へ寄って色々買って帰ったけど、写真を撮らずに配ってしまった。

こんなお出かけでした。


ご訪問いただきありがとうございました。


またお越しください。
nice!(37)  コメント(24) 

春の観光 [旅]

春の旅行の続きです。

杉山の中の宿を後にして次の観光地へ
yado.jpg


着いたところは、こんな博士のいるところ@@
haku1.jpg


恐竜博物館です。
haku2.jpg


こんな形で恐竜が発掘されたとか・・・!
haku3.jpg


ティラノサウルスが動いている。
haku4.jpg


足の筋肉の模型
haku5.jpg


恐竜時代の色々な恐竜の骨格の展示。
haku6.jpg


恐竜時代に、肉食恐竜、草だけ食べる恐竜、こんなに種類が多いのかビックリ!
haku7.jpg


恐竜は載せきれないほど種類ありが、骨格が展示されていた。
haku8.jpg

haku9.jpg

haku12.jpg


よくできたセットで恐竜の世界を目にすることのできる。
haku11.jpg


巨大な大木と大型恐竜。
haku19.jpg


覚えきれないほどの種類の多い恐竜の骨格が展示されていた。


弱肉強食のこの時代に生きていたら大変、と感じました。


発掘体験出来るコーナーもありました。

見ごたえある恐竜博物館でした。


たくさんのご訪問いただきありがとうございました。


またお越しください。
nice!(38)  コメント(18) 

癒しの空間 [季節]

今日は庭の花です。

妖精のような花が咲いて気持ちを和ませてくれる。

良い環境を与えれば、それに応えて健康な花を咲かせてくれる。

覗き込んで話しかけている。

語らないが花の咲き方で返事をしてくれる。


イワチドリ
tidori.jpg


コアニチドリ
koani.jpg


ヒダカシノブ
ヒダカシノブは種を蒔いて育てました。
hidaka.jpg


トビシマカンゾウ
kanzou1.jpg

kanzou2.jpg


これはシモツケソウ
シモツケソウは原種 キョウカノコは園芸種です。
simotuke.jpg


バラ
bara.jpg



珍しくもないけどシラン
siran.jpg



つるべに生けてあるのはミヤコワスレ
turube.jpg


庭のチドリは小さい花なので歩いていても気が付かない花です。


ご訪問いただきありがとうございました。


またお越しください。
nice!(45)  コメント(22) 

旅の宿 [旅]

毎日、柿畑で剪定や摘果で忙しくブログの時間が無い。
kaki2.jpg



今年の春は大雪だったし、重たい雪だったので太い柿の枝が裂けたり折れたり被害が多かった。

折れたり裂けたりした枝が山のようにあり 毎日処理をしに行ってます。
kaki1.jpg


太い枝をノコギリで引いて小さくし、枝の処理が大変なんです。

出荷はしませんが、重なった枝は切り落とし、柿の実は1枝に1個だけ残して8割切り落とす。

その他に伸びた新枝をむしり取ったり、無駄枝を切り落としたり、摘果作業に追われて毎日三脚に上がったり下りたり…クタクタ。


昨日も相棒と柿の剪定や摘果で脚立に上がったり下りたりで忙しかった。
kaki3.jpg



そんなことでブログもままなりませんでした。


。。。。。。。。。。。。。。。


今頃なんですがブログは春の旅の続きなんです。


数えきれない台数のクラシックカー

値段の付かない こんな車を見て
tabi1.jpg


この車は石川ナンバーが付いている@@

街の中を、この車に乗って走れる♪ 見てみたいなぁ~~
tabi2.jpg


そんな車を見てから今日の宿まで走った。


福井県にある森林温泉 みらくる亭
tabi3.jpg


この宿は林の中に点在する宿、受付を済ませるとこの渡り廊下を渡って部屋へ。
tabi4.jpg


杉山に各部屋が渡り廊下でつながっている、自分たちの部屋を探す。
tabi5.jpg


こんな風に右にも左にも部屋が有って
tabi6.jpg


こんな廊下を歩いて探す。
tabi7.jpg


各部屋ごと離れているのでとても静か。
4月初旬ですがまだ雪があった。
tabi8.jpg


部屋より山の上に温泉が有って・・・杉木立の間から見える変わった屋根が温泉の大浴場。
tabi9.jpg


かなり広い部屋だった、忘れて写真も撮らないうちに荷物や布団でぐちゃぐちゃ!
tabi10.jpg

tabi11.jpg


部屋の入り口も洗面所も広くちょっとした心遣い。
tabi12.jpg


こんな遊び心の窓があり(@@) 良かった。
tabi13.jpg


夕食はこんな席ですが、出来た順から料理が運ばれてきます。
tabi17.jpg


朝食はテーブルに最初から全部用意してあった。
tabi16.jpg

とても良い宿だった。


たくさんのご訪問いただきありがとうございました。


またお越しください。
nice!(41)  コメント(25) 
前の10件 | -